メルセデス圧倒、レッドブル?ホンダと跳馬寄せ付けず / F1モナコGP《FP2》結果とダイジェスト | F1ニュース速報/解説【Formula1

  • 时间:
  • 浏览:89

  グランプリ初日を迎えたモンテカルロ市街地コース。2019年F1第6戦モナコGP金曜2回目のフリー走行が5月23日(木)に行われ、メルセデスAMGのルイス?ハミルトンが1分11秒118を記録。フラットスポットによる振動の影響があったにもかかわらず、2番手につけたバルテリ?ボッタスを100分の8秒差で退け、初日2回のセッションを独占した。

  コンマ7秒と大きく遅れ、3番手にはフェラーリのセバスチャン?ベッテルが続いたが、僚必发88友シャルル?ルクレールは10番手。シルバーアローの2台が異次元の速さでライバルチームを圧倒した。

  ベッテルの後ろにはホンダエンジン勢が3台連続で並んだ。4番手にはレッドブルのピエール?ガスリー、5番手にはトロロッソの新人アレックス?アルボン、そして6番手にはレッドブルのマックス?フェルスタッペン。シニアチームに割って入る速さを示し、チームメイトのダニール?クビアトにコンマ5秒差をつけたアルボンにパドックが沸いた。

  90分間のセッションは、メルセデス勢のアタックラップ合戦の様相を呈した。ハミルトンがトップタイムを100分の3秒更新すると、その直後にボッタスが100分の4秒といった具合に。一発だけでなくロングランペースも強力で、両者はいずれもミディアムで平均1分14秒後半を刻んだ。

  午前は薄暗い雲に覆われていたものの、午後のモンテカルロ上空には青空が顔を出した。気温こそ変化はないものの暖かな日差しがアスファルトを温め、予選?決勝と同時刻帯のプラクティス2は気温20℃、路面35℃のドライコンディションでスタートした。

  

  午前のFP1で2番手につけたフェルスタッペンは、セッション序盤に10周を走った後ガレージイン。デブリがエアボックス内に入り込んでしまったため、ラジエーターが破損。水漏れ修理のために、メカニック達が懸命に修復作業に取り組んだ。

  コースに復帰したのはセッション終了20分前。殆どのクルマがコース上でロングランを行っていたためト必发88官网ラフィックが酷く、ロングランはおろか、真っ当な予選シミュレーションすら行えないままにチェッカーが振られた。

  ルノーは最初のプラクティスで有望な速さを示したものの、路面温度が上昇した午後は低迷。最も柔らかいコンパウンドを履いてのショートランで、ニコ?ヒュルケンベルグが16番手、ダニエル?リカルドが17番手と後方に沈んだ。モナコはオーバーテイクが難しく予選ポジションが何よりも重要視される。中一日でペースを見つけ出す事が出来るだろうか?

  ルノーとは対象的に、マクラーレンは挽回。ランド?ノリスが12番手、カルロス?サインツが13番手タイムを記録し、トップ10圏内を射程に捉えた。

  ミッドフィールド争いはFP1同様、スペック2エンジンを投入したハースとアルファロメオ勢が席巻。本家フェラーリのルクレールを10番手に抑え、3台がトップ10に入れ込むスピードを刻んだ。

  モナコグランプリは通例通り金曜休みを挟んで、3回目のフリー走行が日本時間5月25日(土)19時から、公式予選が同22時からモンテカルロ市街地コースで開催される。

  天気晴れ

  気温20℃

  路面温度35℃

  グランプリ名

  モナコGP

  レース種別

  フリー走行2

  レース開始日時

  5月23日(木) 22:00

  サーキット名

  モンテカルロ市街地コース

  サーキット設立

  1929年

  コース全長

  3340m

  コーナー数

  18

  周回数

  78周

  周回方向

  必发88時計回り


必发88 必发88官网 必发88

猜你喜欢